よくあるご質問

よくあるご質問

領収書をもらわずレシートなんですが?

領収書の体裁にガチガチにこだわる必要はありません。領収書の肝は、「いつ」「どこで」「だれが」「何代を」「いくら」使ったか、又それは業務に関するものなのかが全てです。
レシートの場合には「だれが」が抜けている場合がありますが、「何代を」が普通ははっきりと明示されています。1品購入の領収書であれば但し書きに「何代を」支払ったのか記入してもらえば済みますが、そうでなく「何代を」支払ったのか皆目わからない領収書も結構あります。そんな領収書よりレシートのほうがましとも言えます。最近はレシートに宛名が記入されるものも多くなっています。領収書の形式にこだわる必要はありません。

無料相談・お問い合わせ

お問い合わせ窓口

0120-185-410

インフォメーション

外観

〒550-0013
大阪市西区新町1丁目5番7号
TEL:0120-185-410

地図

詳細を見る

ご対応エリア

関東・近畿・名古屋地域に対応します!

大阪府 : 大阪府内全域
京都府 : 京都市内、京都南部
奈良県 : 奈良北部
関東エリア : 東京都内23区
名古屋エリア : 名古屋市内